出葉の調色版@ラクイラ愛好会

出葉(てには)が震災のことや防災のことについていろいろ書くだけのブログ。震災記事書き起こし: http://te2ha.blog.jp/

ラナプラザ「事件」に思うこと―失われる「労働者の権利」―

私があの痛ましいダッカ周辺ビル崩落事故のことを、ラナプラザ「事件」と呼ぶのには訳がある。

 

あれはただの「事故」ではない。

 

あれは、間接的な、「他殺」だからだ。

 

日本を含め先進国に住む我々が、我々の「少しの安さ」や「少しの便利さ」のために、彼等を犠牲にしたのだ。

 

 

ラナプラザ事故について知らない方は、この記事を読んで頂きたい。

 

Human Rights Watch

 

私たちの手元に、途上国の労働者を酷使して作られた500円のTシャツと、途上国の労働者の人権を尊重して作られた、エシカル(倫理的)な3000円のTシャツがあるとする。

 

そんなとき、おそらく多くの人が安い方を選ぶだろう。

だが、それは「安いから」という理由で、どこか遠くにいる労働者を迫害し、間接的な死をもたらしていることになりうるのだ。

 

そもそも、私たちは、いまTシャツを必要としているのだろうか?

 

「可愛らしいから」「少しばかり古くなったから」「デザインが気に入らなくなったから」

 

そういった理由で、私たちは服を買う。そして、消費する。

 

家にあるもので足りないだろうか?

工夫をすれば使えるものでないだろうか?

 

「大量生産、大量消費」は、地球環境にも壊滅的な痛手になる。

 

私たちに必要なのは「パラダイムシフト」つまり、劇的な価値観の転換なのだ。